たびとものブログ

たびとものを紹介するブログを運営しております。ミニマリストを目指しており一つ一つも持ち物に対する思いは誰よりも強いです。そんな僕がおすすめするモノをブログにて綴っています。

ヒッチハイクの旅 四国編 3日目

3日目

7時に起床しヒッチハイクして10km先の柏島に向かう。ここで乗せて頂いた女性2人は姉妹で柏島で唯一の海の家を経営している人だった。たまたま出勤時間がズレたため乗せてくれたらしい。

柏島に到着。

f:id:yusuke1210305:20170908112757j:plain

海はマスカットの果実そのものと言った色をしていた。海でシュノーケリングをして遊んだ。水中は30m以上も見渡せるほど透き通っており熱帯魚やウニが海底にひしめいていた。期待は裏切らない観光スポット。

f:id:yusuke1210305:20170908112850j:plain

気がつくとPA17:00。海の家に行くと先ほどの女性の旦那さんが無料で牛丼を振舞ってくれた。

帰りはダイビングのインストラクターの女性に乗せて頂き柏島を後に。途中夕日が綺麗に見えるスポットに連れて行ってもらった。

f:id:yusuke1210305:20170908112842j:plain

綺麗な夕日に体が熱くなるのを感じた。西日が日焼けの体に染みているのだ。とてつもなく痛い。日が落ちた頃柏島から20km程度進んだコンビニで下車。ここで疲れと眠気がピークを迎え死んでいた。

車も来ないし帰るだけの旅に絶望しかなかった。

f:id:yusuke1210305:20170908220538j:plain

そんな僕らを救ってくれたのが埼玉から柏島に旅行に来ていた女学生の2人。コンビニの駐車場で転がってた僕らに声を掛け宿毛(高知県)まで乗せてくれた。おまけにRedbull、ポカリ、ポテチまで渡してくれる親切ぶり。宿毛に着いた時には120%元気になり再びヒッチハイク。ボードを挙げて車を待っていた時、学生集団がパンと飴と声援を沢山くれた。どうやら先ほどの彼女らが泊まったホテルの夕食の席での知り合いらしい。無事ヒッチハイクで四万十まで辿り着いた。24時間テレビのランナーばりの声援を受けてしまったので徹夜で帰ろうとした。が寝た。

四日目に続く。

tabitomono.hatenablog.comtabitomono.hatenablog.com