たびとものブログ

たびとものを紹介するブログを運営しております。ミニマリストを目指しており一つ一つも持ち物に対する思いは誰よりも強いです。そんな僕がおすすめするモノをブログにて綴っています。

歴史がもの言う強い傘 Knirps T.200

こんにちは。

今回は頑丈な折りたたみ傘の紹介です。

f:id:yusuke1210305:20170902132332j:plain

僕は今まで星の数ほどの傘を破壊してきました。小、中学校の頃は剣道をやっていたためチャンバラにて破壊。この理由は全く関係ありません。が、強風による破損が多かったのも事実です(全体の3割程度)。前回のセ○ンイレブンで購入した折りたたみ傘も風にて破損しました。これ以上、脆弱な傘を購入してもお金の無駄だと思い丈夫な傘「Knirps T.200 medium doumatic」を購入しました。

Knirpsとは

f:id:yusuke1210305:20170902132434j:plain

ドイツ、クニルプスは1928年に
ハンス・ハウプト氏が折りたたみ傘を発明したことからはじまりました。
以来、革新はとどまるところを知りません。
1965年、クニルプスは自動で開く傘の生産に成功します。
そして、カラー・機能・ファッション感覚を取り入れ、
様々な天候に対応する多様なモデルを発売し、人々の必須アイテムとなりました。
現在、クニルプスはスマートで洗練された傘の代名詞となっています。

Knirps日本公式サイトから引用

かなりの歴史を刻んでいるドイツの老舗。

人気は折りたたみ傘のT series と言う型でして僕はその中のT.200 medium doumaticを購入。T series にはT.010,T.200,T.320,T703があり順に大きくなります。ちょうど中間のT.200は持ち運びに便利でさした時の大きさが日本人にはちょうどいいと思います。

f:id:yusuke1210305:20170902132344j:plain

サイズ(収納時)直径約6cm x 長さ約28cm

サイズ(使用時)直径約98cm x 全長約56cm

サイズ(親骨の長さ)約53cm(8本骨)

重量約320g

材質シャフト:アルミ/フレーム:アルミ、グラスファイバー/傘生地の組成:ポリエステル(撥水加工)/グリップ:ABS樹脂

圧倒的な性能

f:id:yusuke1210305:20170902132359j:plain

強度はもちろんのこと、持ち手のボタンひとつで自動開閉してくれるので開閉のストレスがなくなります。さらに天蓋の生地は全てOeko-Tex® Standard 100を採用しているため、高い撥水性を持ち合わせています。実際20分もあれば乾いています。

まとめ

安いものを複数回購入するよりも、丈夫で本当に良いものを長く使う方が圧倒的に有意義です。傘で悩んでいる方、おすすめです。