たびとものブログ

たびとものを紹介するブログを運営しております。ミニマリストを目指しており一つ一つも持ち物に対する思いは誰よりも強いです。そんな僕がおすすめするモノをブログにて綴っています。

ヒッチハイクの旅 四国編 5日目

5日目

今日こそは帰ります。朝7時、そんな希望を胸にボードを掲げる。気温は35℃。湾岸長島SA長島スパーランドの近くに構える足湯で有名なSA

f:id:yusuke1210305:20170908224006j:plain

足湯いらん。三重県まで来ているから余裕だろうと相方と2人で歌を歌い踊りながらヒッチハイクをしていた。時折来る観光バスには最高のパフォーマンスを魅せ、笑顔を与えた。

気がつくとPM3:00。僕らはヒッチハイカーでは無く、エンターテイナーになっていた。全く捕まらない。方向は合っている。しかしここはバスとトラックと仕事で来ているドライバーしかいない。二人の面白おじさんは再び絶望した。今まで100台近くヒッチハイクしてきたが8時間も待った事はない。「次は来るだろう。」と、まるでパチンコの泥沼に嵌る感覚に似て中々やめられない。半分熱中症で正しい判断が出来ないこともあった。ここで待つか、下り側に移り手前のSAに引き返すかを提案。保証もない選択に相方も戸惑ったが後者を選択。下り側に徒歩で移りヒッチハイク開始。残りHP5くらいの体力でフルスマイルでポージングを繰り出す。開始20分で下り方面の最寄りSAに降ろしてくれる車に乗車。

やばすぎスパーランドは2度と来ないと固く誓う。あそこで何人のヒッチハイカーが餓死しただろうか。想像するだけで胸が苦しくなる。

御在所SAに到着。先ほどの墓場とは全く違う雰囲気を肌で感じる。間髪入れずヒッチハイク。開始10分静岡に向かうと言う、お嬢とその執事(白髪のお爺ちゃん)に乗せてもらうことに。自己紹介を済ますと、なぜか2人の世界に入るお嬢と執事。どうやら2人はお嬢と執事ではなく愛人とパトロンだった。2人が醸す大人の世界観に圧倒され目を閉じる。が寝れず。お爺ちゃんがやたら飛ばす。それも160kmで縫うように走る。長島スパーランドのジェットコースターの比ではない。命の保証がないのだ。死を覚悟して1時間。かつてない速さで静岡に着く。九死に一生を遂げ静岡SAに着くと1人のヒッチハイカーがボードを掲げていた。目的地は海老名SAハッピーアイスクリームPM19:00ひとまず声をかけてみる。長髪に黒い肌、無愛想な態度と顔で苛立ちながら、「この場で2時間ヒッチハイクしている。誰も乗せてくれない。」と話す26歳男。「納得。それに自分らは炎天下で8時間やってたぞ。そして6時間は面白おじさんやってたぞ。」と言いかけたが止めた。とりあえず一旦休憩を挟む。その間、彼の悲痛な叫びが聞こえてくる。それから30分後ようやく真っ黒男は姿を消した。次は僕らの番。そう意気込んでボードを掲げると後ろから声を掛けられる。すると30代くらいのお母さんと小さな子供2人が立っていた。「車満員で乗せられないけど頑張って。」とお母さんが言い。子供の小さな手には飴玉が1つずつ乗せてあった。飴玉1つでこんなに感動したのは初めてだった。

f:id:yusuke1210305:20170908225712j:plain

その後ヒッチハイクをしていると再び声を掛けられる。そしていきなりご飯に誘われる。そんな人当たりコミュ力最強のお兄さんに海老名SAまで乗せてもらう事になった。車の中では旅の話で盛り上がりエンディングにふさわしいドライブだった。ヒッチハイク史上最高に話やすい人だった。

ついにスタート地点だった海老名SAに到着。いつも旅の始まりと終わりはここなので故郷のようなSA。友人2人が車で迎えに来てくれた。そして無事家に着き。今回の旅は瞼を閉じてお終い。

まとめ

ヒッチハイクは色々な出会い、気付きを与えてくれる旅の手段です。

存じている通り日本だけでも色んな個性を持った人がいます。

ヒッチハイクを行うことで普段絶対に話さないタイプの人と話す。色んな価値観、暖かさに触れられる。また未知の場所に向かう「ヒッチハイカー」として自己紹介することで仮面を被り日常とは違う自分と向き合うことができます。本当に濃ゆい旅を送ることができるので旅行と違う体験をした人にオススメです。

最後になりますが乗せて下さった方々本当にありがとうございました。

ヒッチハイクの旅 四国編 4日目

4日目

朝から元気にヒッチハイク。しかし一般道かつ田舎の四万十はなかなか停まってくれない。日差しがやたら痛く死にそうになりながら笑顔を作る。

f:id:yusuke1210305:20170908222847j:plain

真上から照りつける太陽を我慢しつつ窪川(高知県)の道の駅。普段ドライバーとの会話の中で「ヒッチハイクでどんな出来事があるんですか?」と言う質問が多く

青森県でドライバーさんに創価学会に入信させられ、気がついたら畳の上で何妙法蓮華を唱えてました。宗教観を除けば良い人でした。」と笑い話。今回もちょっときつめの男女にこの話題でアイスブレイク。かなり大笑いしてくれて一安心。色々な話しをして行く中、女性の方が「君たちがこの車に乗ったのは運命です。」と言い出した。お、と思って話しを聞いて行くと徐々に会話が説法に変わっていった。どうやら占い師。

f:id:yusuke1210305:20170908222335j:plain

 

http://lessons-sendai.com/blog/detail/71より引用

神話を装填したマシンガンで一時間半滅多打ちにされる。またかい。「さっき何に大笑いしてたんだ、こ奴らは」と思い下車。説法され疲れ果てて一時間ほど睡眠。その後順調でPM17:00に淡路島SAに到

着。夕食を済ませヒッチハイク。三度の飯よりヒッチハイク。一刻も早く帰りたかった。そんな事を思いながら淡路島から大阪までくれると言う方に出逢う。その人はマジシャンをしている「あざーす・のず」。ヒッチハイク経験もあり物凄く気を遣ってくれた。旅の話から仕事の話まで色々と語ってくれて考えさせられ好きな事を仕事にする大変さや楽しさが伝わった。

京田辺PAに降ろしてもらい、乗り継ぐ形でヒッチハイク

気がつくと湾岸長島SA…ゴールも目の前。上手く行きすぎている。5日目に続く。

ヒッチハイクの旅 四国編 3日目

3日目

7時に起床しヒッチハイクして10km先の柏島に向かう。ここで乗せて頂いた女性2人は姉妹で柏島で唯一の海の家を経営している人だった。たまたま出勤時間がズレたため乗せてくれたらしい。

柏島に到着。

f:id:yusuke1210305:20170908112757j:plain

海はマスカットの果実そのものと言った色をしていた。海でシュノーケリングをして遊んだ。水中は30m以上も見渡せるほど透き通っており熱帯魚やウニが海底にひしめいていた。期待は裏切らない観光スポット。

f:id:yusuke1210305:20170908112850j:plain

気がつくとPA17:00。海の家に行くと先ほどの女性の旦那さんが無料で牛丼を振舞ってくれた。

帰りはダイビングのインストラクターの女性に乗せて頂き柏島を後に。途中夕日が綺麗に見えるスポットに連れて行ってもらった。

f:id:yusuke1210305:20170908112842j:plain

綺麗な夕日に体が熱くなるのを感じた。西日が日焼けの体に染みているのだ。とてつもなく痛い。日が落ちた頃柏島から20km程度進んだコンビニで下車。ここで疲れと眠気がピークを迎え死んでいた。

車も来ないし帰るだけの旅に絶望しかなかった。

f:id:yusuke1210305:20170908220538j:plain

そんな僕らを救ってくれたのが埼玉から柏島に旅行に来ていた女学生の2人。コンビニの駐車場で転がってた僕らに声を掛け宿毛(高知県)まで乗せてくれた。おまけにRedbull、ポカリ、ポテチまで渡してくれる親切ぶり。宿毛に着いた時には120%元気になり再びヒッチハイク。ボードを挙げて車を待っていた時、学生集団がパンと飴と声援を沢山くれた。どうやら先ほどの彼女らが泊まったホテルの夕食の席での知り合いらしい。無事ヒッチハイクで四万十まで辿り着いた。24時間テレビのランナーばりの声援を受けてしまったので徹夜で帰ろうとした。が寝た。

四日目に続く。

tabitomono.hatenablog.comtabitomono.hatenablog.com

 

ヒッチハイクの旅 四国編 2日目

2日目

ヒッチハイクの旅と題しておきながら、体力の限界を感じまたしても電車で梅田駅から甲子園駅(兵庫県)まで向かう。おそらく遠征で野球目的以外に降り立つ人はいない。近くのインターまで歩き、ヒッチハイク開始。30分経っても捕まらないので移動。突然少年に話しかけられる。少年はヒッチハイクが捕まりやすい場所を教えてくれた。そして走り去った。すると今度は僕らの後ろに現れ柿ピーを2袋ずつ黙って渡し、また走り去った。わざわざ家に取りに帰ってくれたらしい。その後ヒッチハイクは順調に捕まり明石(兵庫県)に到着。ここからフェリーで淡路島に渡る。去る場所に名残惜しさを感じさせる船。そして新天地への期待が高まる。

f:id:yusuke1210305:20170908112640j:plain

明石市の船着場

f:id:yusuke1210305:20170908112709j:plain

淡路島の港

f:id:yusuke1210305:20170908112657j:plain

本州と淡路島を繋ぐ鳴門大橋

この時点でPM5:00を回ってた。淡路島に上陸し近くのSAへ歩く。目の前には急勾配の長い坂。なぜか競争することになり頑張って完走する。2人だと何においても負けたくない気持ちが先行し無理をしてしまう面白さがある。観覧車が有名なデートスポットでもある淡路SAに汗だくで到着し夕食を済まし淡路島から吉野川(香川)まで乗せてもらう。

f:id:yusuke1210305:20170908112736j:plain

淡路SA

f:id:yusuke1210305:20170908112723j:plain

観覧車

ここで気づく、四国の人の少なさに。吉野川PAには車が6台しか停まっていなかった。他力本願のヒッチハイクにおいて人の少なさは致命的である。さらにこのPAは愛媛方面と高知方面に向かう分岐点に位置するので可能性は更に低くなる。この状況下では直接ドライバーに頼み込むしかない。1台目、2台目と声を掛けるが断られる。とうとう全ての車に声を掛けた。コンビニで飲み物を購入ししばし休息。すると一台の車がSAに入ってきた。どうやら高知方面に向かうらしく乗せてくれるのこと。車で1時間半ほどの南国SA(高知県)に到着。トイレ休憩をすると巨大なゴキブリに遭遇。よく目を凝らすとあちこちに規格外の虫がいた。まさに南国。時計がPM11:30を指していた。ここに野宿するのは気が引けたため停車していた唯一の車に声を掛けてみる。そのドライバーは友人の元へむかっているらしく目的地は柏島桃鉄の目的地カードを使った感覚。車で3時間山道を運転してくれた。かなり仲良くしてもらい色んな話ができた(主に怪談に近い)

柏島近くの道の駅(大月町)で降ろしてもらい野宿。星は綺麗だし、20m先は暗くて見えない。コンタクトを取ると綺麗に何も見えない。

3日目に続く。

 ヒッチハイク1日目の記事はこちら。

tabitomono.hatenablog.com

 

ヒッチハイクの旅 四国編 1日目

こんにちは。

普段自分の生活に関わる愛用品ばかり記事に起こしていたのですが

実はヒッチハイクで日本を回るのが好きで(日本一周は目指していない)三年前から毎年旅に出ています。今回はブログを始めてから新しく旅に出たのでその事を記事にしました。長文になるため語り口調で書きますのでご了承ください。

 

目的:高知県柏島で海水浴をする。願わくば美人なお姉さんと仲良くなる。

日数:5

出発:自宅(神奈川県横浜市

人数: 2人(大学3年生)

持ち物:

バックパック

パンツ×3

靴下×3

Tシャツ×3

ジーンズ 

海パン

ブーツ

マットレス

石けん

サバイバルナイフ

ペニー

セームタオル

スケッチブック

マッキー×3

iPhone

財布(現金5000円)

テントは相方が所有

tabitomono.hatenablog.com

tabitomono.hatenablog.com

tabitomono.hatenablog.com

tabitomono.hatenablog.com

f:id:yusuke1210305:20170907225416j:plain

前書き

小学校からの友人に久しぶりに飲みに言った酒の席で「夏だし海に行きたい!どうせなら見た事ないような綺麗な海に入りたい!(綺麗なお姉さんも見たい)」だが綺麗な海など関東圏にはない(美女ならいるけど)。ならヒッチハイクで綺麗な海を目指そう!」と、言った具合の気持ちで高知県柏島Twitterで見つけ行く事になった。

 

1日目

ヒッチハイクの旅と題しておきながら最寄りSAまで自宅から電車で行く。旅の始まりは海老名SA1年ぶりのヒッチハイクのため若干の不安と羞恥心を抱きつつ静岡方面と書かれたボードを掲げる。

f:id:yusuke1210305:20170907230227j:plain

神奈川県の気温は30℃を超えていた。強い日差しが肌に刺すも停まってくれる車を待つ。待つ事20分、外国人と日本人のカップルが乗せてくれた。自己紹介を済ませるも会話はほぼなく大音量のEDMにノリノリの様子。ずっと歌っていた。今年初ヒッチハイクのこともあり会話があまりないのは正直ありがたかった。由比PAまで到着。

f:id:yusuke1210305:20170907225428j:plain

どこまでも続く太平洋の地平線は地球が球体であることを実感させてくれた。

しかし到着したのがPAとのこともあり車が少ない。普段ならボードに目的地を書いて掲げるのだが、今回のような状況では直談判するしかない。一台一台交渉するがなかなか乗せてくれない。幸いなことにこのPAは車の代謝が良く次々と顔ぶれを変えてくれる。声を掛けること15台目でようやく静岡まで乗せてくれる方が現れた。このドライバーさんは帰省戻り徹夜で車を走らせていたらしい。ちなみにヒッチハイカーを乗せる理由のとして「会話で眠気を覚ます」をよく耳にするが今回はまさにこれだ。と、思い頑張って話をする。しかし話すことと言えば自己紹介と前回のヒッチハイクの旅の事。静岡SAに着くと、ここからは順調で浜松SA、湾岸長島SAを経由し大阪まで来た。梅田駅にある「はなだこ」で本場のたこ焼きを路上ライブ片耳に食べる。人混み、音楽、街の光がグチャグチャたこ焼きモグモグ。その後、野宿のために駅付近にある大きな公園「扇町公園」に向かう。ここではPokémon GO、花火、ランニングをしている人が多い。そんな中、水道で髪をバシャバシャ洗う2人の浜ボーイ。この公園では色々なアクティビティが行われている。そしてテントで野宿。気温と湿度がやたら高く2人用テントはもはや蒸し風呂。こんな所で燻されるくらいならと思い公園の段差で床に就く(AM1:00)。寝ている最中、ふと体に異変を感じ目を覚ます。アイマスクを外して辺りを見回すと、40代くらいのオッさんが走り去る後ろ姿を捉えた。そう。オッさんに痴漢されていたのだ。早々に気が付いたからいいものの爆睡をかましていたらと考えるとゾッとした。綺麗なお姉さんと仲良くなるどころの話ではなくなる。AM4:00のことだった。その後寝れるはずもなくテントで寝ている相方を起こしヒッチハイク2日目へと続く。

歴史がもの言う強い傘 Knirps T.200

こんにちは。

今回は頑丈な折りたたみ傘の紹介です。

f:id:yusuke1210305:20170902132332j:plain

僕は今まで星の数ほどの傘を破壊してきました。小、中学校の頃は剣道をやっていたためチャンバラにて破壊。この理由は全く関係ありません。が、強風による破損が多かったのも事実です(全体の3割程度)。前回のセ○ンイレブンで購入した折りたたみ傘も風にて破損しました。これ以上、脆弱な傘を購入してもお金の無駄だと思い丈夫な傘「Knirps T.200 medium doumatic」を購入しました。

Knirpsとは

f:id:yusuke1210305:20170902132434j:plain

ドイツ、クニルプスは1928年に
ハンス・ハウプト氏が折りたたみ傘を発明したことからはじまりました。
以来、革新はとどまるところを知りません。
1965年、クニルプスは自動で開く傘の生産に成功します。
そして、カラー・機能・ファッション感覚を取り入れ、
様々な天候に対応する多様なモデルを発売し、人々の必須アイテムとなりました。
現在、クニルプスはスマートで洗練された傘の代名詞となっています。

Knirps日本公式サイトから引用

かなりの歴史を刻んでいるドイツの老舗。

人気は折りたたみ傘のT series と言う型でして僕はその中のT.200 medium doumaticを購入。T series にはT.010,T.200,T.320,T703があり順に大きくなります。ちょうど中間のT.200は持ち運びに便利でさした時の大きさが日本人にはちょうどいいと思います。

f:id:yusuke1210305:20170902132344j:plain

サイズ(収納時)直径約6cm x 長さ約28cm

サイズ(使用時)直径約98cm x 全長約56cm

サイズ(親骨の長さ)約53cm(8本骨)

重量約320g

材質シャフト:アルミ/フレーム:アルミ、グラスファイバー/傘生地の組成:ポリエステル(撥水加工)/グリップ:ABS樹脂

圧倒的な性能

f:id:yusuke1210305:20170902132359j:plain

強度はもちろんのこと、持ち手のボタンひとつで自動開閉してくれるので開閉のストレスがなくなります。さらに天蓋の生地は全てOeko-Tex® Standard 100を採用しているため、高い撥水性を持ち合わせています。実際20分もあれば乾いています。

まとめ

安いものを複数回購入するよりも、丈夫で本当に良いものを長く使う方が圧倒的に有意義です。傘で悩んでいる方、おすすめです。

 

 

iPhone用核シェルター OTTERBOX クリアケース

こんにちは。

今回は表題の通りiPhoneケースの紹介です。

僕の過去の記事を見てくれた人はご存知だと思いますが以前までFreitagのケースを愛用していました。経年変化で色が擦れて愛着が湧いてきた頃、6個の磁石を固定している粘着剤が弱くなり磁石が移動して一つ、また一つと時を追うごとにくっ付き始め、ついに天下統一。見事に一箇所にまとまりFreitagの磁石機能を果たさなくなりました。そこでいい機会だと思いiPhoneケースを新調しました。今回はギミックにこだわるのではなくシンプルに「iPhoneを守ってくれる」ことを重視。一週間かけて選定したのはOTTERBOXのクリアケース。機能性、デザインともに及第点だったため紹介します。

f:id:yusuke1210305:20170829233729j:plain

必要最低限のデザイン

OTTERBOXのクリアケースは電源ボタンの下にOTTERBOXのロゴが入っているだけで、あとは必要な箇所を覆い、くり抜いているだけの超シンプル設計。iPhoneの背面のデザインが隠れることがないのでiPhone自体のかっこよさをケースのデザインに取り込んでいます。

f:id:yusuke1210305:20170829233742j:plain

f:id:yusuke1210305:20170829233738j:plain

充電部、スピーカー、マナーモードの箇所がくり抜いてある。

付けたら分かる、安心するやつ

付けた時の安心感…素晴らしい。液晶画面より若干高いケースの縁は落ちた時ガラスへのダイレクトアタックを阻止してくれる。何せこのケースはポリカーボネートを基本素材にしているので耐衝性に非常に優れているし手に馴染み、手から滑り落ちにくい。

さらにこのケース一年保証が付いておりケースの破損に対応してくれるらしい。いらなそう…一般のクリアケースは光による変色が起こるがOTTERBOXのケースは変色しにくい(Amazonの商品紹介動画)。

f:id:yusuke1210305:20170829233734j:plain

デメリット

  • 指紋が若干きになる。

女の子に携帯渡す時きになる。(渡す機会めったにないけど…)

  • 音量部分がちょっとヨレる。

若干きにはなるけど約半年使って特に困ることはない。

まとめ

非常に硬派なiPhoneケース。ミニマリストにおすすめです。圧倒的安心感!

こちらが前回まで愛用していたFreitagiPhoneケースです。

tabitomono.hatenablog.com